【アラビア語あいさつ】ありがとうの別表現「ジャザーカッラーフハイラン」

アラビア語で「ありがとう」を意味する「ジャザーカッラーフハイラン」

こんにちは!
クウェートのよしくんです。

 

今回も引き続き神を含む表現です。

「ありがとう」の表現を紹介します!

 

以前、「ありがとう」の表現としては「シュクラン」を紹介しました。

 

この表現は一番わかりやすく簡単ですが、別のありがとうの表現が使われることもあります。

今回はその別表現の代表を紹介します。

中東では使われることのある表現ですのでぜひ参考にしてくださいね!

 

ドバイに半年間滞在して働ける \ドバイ国際博覧会の求人出ています/ 2020年ドバイ国際博覧会日本館アテンダント募集サイト

 

スポンサーリンク

「ありがとう」の別表現「ジャザーカッラーフハイラン」

 

「ありがとう」は別表現では「ジャザーカッラーフハイラン」と言います。

アラビア語で書くとこんな感じです。

アラビア語で「ありがとう」を意味する「ジャザーカッラーフハイラン」

 

「このアラビア語どうやって書くんだろ…?」って思った方はアラビア語の書き方説明している記事で勉強してみてくださいね!

 

では実際に「ジャザーカッラーフハイラン」を分解して見ていきましょう。

分解して見てみると、このような意味になっています。

アラビア語で「ありがとう」を意味する「ジャザーカッラーフハイラン」解説付き

 

ジャザーッラーフハイラン」の文法解説

1.「ジャザー」:動詞の完了形「ジャザー」で、「報いる」という意味です。

今回の場合、英語で言う第四文型のカタチで「[人]に[モノ]を与える」系の意味ですね。

2.「カ」:代名詞で「あなた」という意味です。ここでは動詞の第一目的語([人]に当たる部分)ですね。

3.「ッラーフ」:名詞「アッラー(フ)」で「神」という意味です。ここでは主語に当たります。

ここでは「ア」の音が落ちて「ッラーフ」になっています。

4.「ハイラン」:名詞「ハイル」で「良いこと」という意味です。ここでは動詞の第二目的語([モノ]に当たる部分)です。

ここでは目的語として「ハイラン」のカタチになっています。

 

これで「ジャザーッラーフハイラン」となり「神はあなたに良いことを与えた」→「神はあなたに報酬をお与えになるでしょう」という意味になります。

これが「ありがとう」を実質意味する表現になります。

 

まとめ

 

今回は一つの表現だけの紹介でしたが、結構使われる表現なのでぜひ覚えてくださいね!

僕はfacebookで自身の活動についてアラビア語で呟いたときとかによく目にするなあという感じです。

 

ぜひアラビア語学習がんばってくださいね!

 

アラビア語のオススメ勉強法はこちらからご覧ください。

関西でアラビア語個別指導レッスンをしていますので、教わりながら勉強したい方はぜひお申込みくださいね!

クウェート留学相談も受けていますので、このブログの「お問い合わせ」、もしくは系列サイト「よしくんマディーナ」の以下のリンクを参考にぜひ連絡ください!

読んでくださりありがとうございました!