【アラビア文字】4.「س」「ش」の書き方練習(アラビア語)

2019年9月24日

よしくんのアラビア文字4

こんにちは!
クウェートのよしくんです。

 

アラビア文字の書き方パート4です!

全8パートで28文字説明予定なので、折り返し地点ですね。

今回は2文字だけなので、サクッと理解していきましょう!

 

今回やる「س」「ش」は前後ふつうに繋がるパターンです。

 

実際に確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

「س」「ش」の書き方

 

まずはいつも通り表を確認してみましょう。

スィーン、シーンの表

 

「スィーン」と「シーン」はアタマに点がつくかつかないかの違いだけですね。

また、カタチとしては「前後のくっつくほうには伸ばす」と思っておけば良さそうです。

 

では今回は「スィーン」をもとに見ていきましょう!

 

「س」の書き方

 

独立形

独立形はWの角を丸く書くような感じで書きます!

画像だと角ばってますが、えんぴつやボールペンで書く時は丸くかきます。

最後は下に下がってカーブして少し上に上がります。

スィーン独立形

 

語頭形

語頭形の場合は最初のWは独立形と同じで、最後の部分をそのまま横へ伸ばしていきます。

 

スィーン語頭形

 

語中形

語中形も、右から伸びてきた線を、Wはそのままで繋げていく書き方をします。

 

語末形

語末形は、右から伸びてきた線からそのまま独立形のように書いていきます。

スィーン語末形

 

まとめるとこんな感じになります!

スィーン語頭、語中、語末形

 

ネイティブの書き方動画も確認してみましょう!

 

シーンの場合はアタマに点を3つつけたらOKです。

スィーン、シーンの表

 

ちょっと練習

 

今回は「相談する」という単語の「イスタシャーラ」という単語を見ていきましょう!

結構長くて難しめです(笑)

アラビア語「相談する」の「イスタシャーラ」

 

めちゃめちゃ長いのと、Wみたいなものが多くて戸惑いますよね(笑)

 

分解するとこうなります。

今回の場合だと、

1.単語のアタマなので、語頭形の「ا」(アリフ)

2.前の単語がアリフで切れている&後ろに文字は続くので、語頭形の「س」(スィーン)

3.単語の間なので、語中形の「ت」(ター)

4.単語の間なので、語中形の「ش」(シーン)

5.単語の間なので、語中形の「ا」(アリフ)

6.前の単語がアリフで切れている&後ろに続く単語がないので、独立形の「ر」(ラー)

 

区切り線を入れるとこうなります。

アラビア語「相談する」の「イスタシャーラ」区切り線込み

 

実際に書いて練習もしてみてくださいね!

 

まとめ

 

スィーン、シーンの表

 

 

今回はそのまま繋がっていく文字の「スィーン」「シーン」でした。

 

次回はいったん止まって書く単語「サード」「ダード」「ター」「ザー」の4つをやります。

「サード」「ダード」がカタチが同じなのと、「ター」「ザー」がカタチ同じなので、覚えるのは実質2つです。

 

これからも頑張っていきましょう!

 

追記)「ص」「ض」「ط」「ظ」の書き方記事きました!

 

関西でアラビア語個別指導レッスンをしていますので、教わりながら勉強したい方はぜひお申込みくださいね!

クウェート留学相談も受けていますので、このブログの「お問い合わせ」、もしくは系列サイト「よしくんマディーナ」の以下のリンクを参考にぜひ連絡ください!

 

本サイト「よしくんマドラサ」はwebサイトから記事作成までほぼ全てを自費・自力で制作しています。

もし「スタバ1杯くらい支援するよ!」って方がいらっしゃれば、本当に励みになります…

こちらで、ご支援受け付けております。

スタバ1杯支援者のイメージ

 

VALUもやっています!

 

読んでくださりありがとうございました!