【アラビア語文法】10.名詞を修飾する形容詞は名詞に合わせる

【アラビア語文法】10.名詞を修飾する形容詞は名詞に合わせる

こんにちは!

クウェートのよしくんです。

 

前回は「その」や共通認識できるものに使用する「アル」について説明しました。

 

前回のポイントは以下の通りでした。

1.定冠詞「アル」は英語で言う「the」と同じ。共通認識できるものにつく。

2.名詞、形容詞の前にくっつけて書く

3.意味が限定されるのでタンウィーン(ウンなど)が取れる

4.「アル」の音が「アッ」になる時がある。

5.前に単語が来ると「ア」の音を飛ばして「ル」の音になる

 

今回は形容詞の修飾方法について説明します!

例えば「大きな本」と言う場合の「大きな」をどのように表現するかですね。

見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

形容詞は前の名詞にカタチを合わせると修飾になる

例えば「大きな本」と言うように名詞に形容詞をくっつける場合には、以下のポイントがあります。

1.形容詞は必ず名詞のあとに置く

2.名詞と同じカタチにする

性を名詞にそろえる(名詞にターマルブータがあれば形容詞にもつける)

名詞が限定されている場合(定冠詞「アル」がついている、人称代名詞属格(「~の」)がついているなど)、形容詞に定冠詞「アル」をつける

 

ではこれをもとにして例を使って確認していきましょう!

「大きな本」なら非限定のカタチに合わせる

「大きな本」と言う場合、「本」は「キターブ(ン)」で非限定です。

また、名詞の性は男性なので、ターマルブータはついていないです。

このカタチに「大きい」という単語を合わせるので、非限定でターマルブータなしの「カビール(ン)」になります。

合わせて読むと「キターブ(ン) カビール(ン)」となります。

「大きな本」を意味するアラビア語「キターブンカビールン」

 

「その大きな本」なら限定で合わせて定冠詞「アル」をつける

「その大きな本」という場合、「その本」は定冠詞「アル」がついて「アルキターブ」となっています。

そして、名詞の性は男性なので、ターマルブータはついていないです。

このカタチに「大きい」という単語を合わせるので、定冠詞「アル」を「大きい」を意味する「カビール」にくっつけて「アルカビール」になります。

 

合わせて読むと「アルキターブ カビール」となります。

カビールの前の「アル」の「ア」の音が消えるのは、前回やった定冠詞「アル」のルール、

5.前に単語が来ると「ア」の音を飛ばして「ル」の音になる

から来ています。

「その大きな本」を意味するアラビア語「アルキラーブルカビール」

 

「大きい車」なら非限定+ターマルブータをつける

「大きい車」と言う場合、「車」は「サイヤーラ(トゥン)」で非限定です。

そして、名詞の性は女性なのでターマルブータがついています。

このカタチに「大きい」という単語を合わせるので、非限定ターマルブータをつけた「カビ―ラ(トゥン)」になります。

合わせて読むと、「サイヤーラ(トゥン) カビーラ(トゥン)」となります。

 

アラビア語で「大きな車」を意味する「サイヤーラトゥンカビーラトゥン」

 

「その大きな車」なら限定なので定冠詞「アル」とターマルブータ

「その大きな車」と言う場合、「その車」は定冠詞「アル」がついて「アッサイヤーラ(トゥ)」となります。

「アル」が「アッ」となるのはその後続く文字が太陽文字の時、つまり日本語で言う「タサダラザヌーン」の音の時でしたね。

そして、名詞の性は女性なのでターマルブータがついています。

 

このカタチに「大きい」という単語を合わせるので、定冠詞「アル」を「大きい」を意味する「カビール」にくっつけ、ターマルブータがついて「アルカビーラ(トゥ)」になります。

 

合わせて読むと「アッサイヤーラトゥカビーラ(トゥ)」となります。

アラビア語で「その大きい車」を意味する「アッサイヤーラトゥルカビーラトゥ」

 

「彼の」と言うように人称代名詞属格がつく場合も同じ

「彼の大きな車」と言う場合も同じで、「彼の」で限定されるので「大きな」は「アルカビーラ(トゥ)」になります。

彼の車」は「サイヤーラトゥ」になるので、合わせて「サイヤーラトゥカビーラ(トゥ)」になります。

アラビア語で「彼の大きな車」を表す「サイヤーラトゥフルカビーラトゥ」

 

これでそれぞれアラビア語で表現できるようになりますね!

 

まとめ

今回は形容詞が名詞を修飾して「大きな本」のような言葉を作る方法を書きました!

ポイントは以下の通りでしたね。

1.形容詞は必ず名詞のあとに置く

2.名詞と同じカタチにする

性を名詞にそろえる(名詞にターマルブータがあれば形容詞にもつける)

名詞が限定されている場合(定冠詞「アル」がついている、人称代名詞属格(「~の」)がついているなど)、形容詞に定冠詞「アル」をつける

 

次回は「この~」という表現について、今回の形容詞の内容も含めて説明していきます。

この辺りから主語と述語の境界線がこんがらがってきますので、それの見分け方も紹介しますね!

 

これからも更新していきますのでぜひご参考にしてくださいね!

アラビア語学習がんばってくださいね!

 

アラビア語のオススメ勉強法はこちらからご覧ください。

関西でアラビア語個別指導レッスンをしていますので、教わりながら勉強したい方はぜひお申込みくださいね!

クウェート留学相談も受けていますので、このブログの「お問い合わせ」、もしくは系列サイト「よしくんマディーナ」の以下のリンクを参考にぜひ連絡ください!

読んでくださりありがとうございました!

 

スポンサーリンク